東電旧経営陣、13兆円賠償命令 津波対策先送り「許されぬ」 東京地裁判決 原発事故、株主訴訟

有料記事

[PR]

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、東電の株主48人が旧経営陣5人に対し、「津波対策を怠り、会社に巨額の損害を与えた」として22兆円を東電に賠償するよう求めた株主代表訴訟の判決が13日、東京地裁であった。朝倉佳秀裁判長は、巨大津波を予見できたのに対策を「先送り」して事故を招いたと認定。取締役としての…

この記事は有料記事です。残り1838文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    田中知之
    (音楽プロデューサー・選曲家)
    2022年7月14日5時57分 投稿
    【視点】

    弁護士の友人がSNSでサラッと語っていた「弁護士会の報酬基準に照らすと、22兆円を求める着手金は約4400億円。13兆円を勝ち取った成功報酬は約5200億円。合わせた弁護士費用は併せて約9600億円。東電旧経営陣が破産しても、原告団の支払義