最新鋭の火力発電、完成 安定供給に貢献/「脱炭素」課題 発電力「原発1基分」

有料記事

[PR]

 愛知県の海沿いに最新鋭の火力発電所が完成した。火力発電会社JERAは14日、8月5日から営業運転を始めると明らかにした。原発1基分の発電能力があり、「電力不足」の緩和につながると期待される。ただ、主な燃料は二酸化炭素(CO2)を多く出す石炭で、「脱炭素」という別の課題が浮かび上がる。

 稼働する…

この記事は有料記事です。残り1609文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント