(天声人語)田んぼの思想家

有料記事

[PR]

 農作業を終え、家族が寝静まった後、太宰治やドストエフスキーを読み、村と農に思いをめぐらせる。きのう葬儀が営まれた農民作家山下惣一さんはそんな時間を愛した▼「普通の言葉であれだけ深いことを語る百姓はいませんでした」。山下さんと半世紀にわたって農を論じ合ってきた「農と自然の研究所」代表、宇根豊さん(7…

この記事は有料記事です。残り461文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載天声人語

この連載の一覧を見る