板挟みのバイデン氏 原油増産、期待 グータッチに波紋 サウジ訪問、皇太子と会談

有料記事

[PR]

 バイデン米大統領は15日、サウジアラビアを訪問し、実力者ムハンマド皇太子らと会談した。人権問題をめぐって悪化していた両国関係の改善に踏み切った形だ。ロシアのウクライナ侵攻などにより高騰する原油価格の安定に向け、バイデン氏はサウジ側に増産を求めたとみられる。会談後の記者会見で「数週間以内にさらなる措…

この記事は有料記事です。残り1566文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。