「理系専攻を5割に」重視政策次々 「文理横断の推進」 教育未来創造会議

有料記事

[PR]

 政府の教育未来創造会議(議長=岸田文雄首相)が5月、理系分野を専攻する大学生の割合について、2032年ごろまでに現在の35%から50%程度に増やす目標を掲げた。デジタルや脱炭素といった成長分野の学部設置を促す基金創設や理系学生への奨学金拡充など、理系重視の政策が目白押しだ。文部科学省などは8月まで…

この記事は有料記事です。残り1542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!