(元首相銃撃 いま問われるもの)バラバラな人々に巣くう病理 宮台真司さん

有料会員記事

[PR]

 ▼1面参照

 ――事件をめぐり政治と宗教の関係が注目されています。

 「山上徹也容疑者が銃を何丁も自製し、確実に人の命を奪おうと強い殺意を抱いたのは、安倍晋三元首相と旧統一教会の密接な関係を信じたからでしょう」

 「今回の行為は許されませんが、そう信じるに足る要素が、理不尽にも命を奪われた政治家…

この記事は有料会員記事です。残り1426文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    おおたとしまさ
    (教育ジャーナリスト)
    2022年7月20日8時33分 投稿
    【解説】

    この記事には大事なピースが欠けています。 7月17日に掲載されたデジタル版オリジナルの記事と比べると、7月19日の紙面から転載されたこちらの記事では、終盤のホッブスへの言及がなくなっているために、宮台氏が「自己救済」というものの意味が