温かく繊細な山下清の世界 驚異の記憶力と技で、鮮やか風景 生誕100年、回顧展

有料会員記事

[PR]

 「裸の大将」の実像は。今年で生誕100年を迎えた放浪の画家・山下清(1922~71)の画業の全貌(ぜんぼう)に迫る回顧展が、神戸で開かれている。ドラマや映画によって形作られた偶像をこえて、一人の作家としての山下をどう評価するか。識者とともに考える。

 18歳から各地への放浪を繰り返した山下は、見…

この記事は有料会員記事です。残り1212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら