女性監督、昨年公開邦画の12% 団体調査

有料記事

[PR]

 映画界のジェンダーギャップや労働環境の調査・提言をしている団体「Japanese Film Project」(JFP)が、2021年公開の日本映画の監督471人における女性の比率を調べたところ、全体で12%、興行収入10億円以上の実写映画16本では一人もいなかった。

 JFPは昨年から同様の調査を…

この記事は有料記事です。残り364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!