肥料の高騰、「下水」が救う? 佐賀市、汚泥を熟成させ販売 神戸市、リン回収を事業化

有料記事

[PR]

 原料の大半を輸入に頼る化学肥料が高騰するなか、「下水」が貴重な国内資源として注目を集めている。植物の成長に欠かせない栄養素が多く含まれる、私たちの「し尿」が流れ込んでいるためだ。将来の食料安全保障にもつながると、霞が関永田町でも活用に向けた議論が始まった。

 ■食料安保、国も前向き

 「下水汚…

この記事は有料記事です。残り1510文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント