心を裸に、想像力を働かせ 振付家・演出家のパパイオアヌー最新作

有料記事

[PR]

 現代最高の振付家・演出家のひとり、ディミトリス・パパイオアヌーが今月末、最新作「トランスヴァース・オリエンテーション」を携えて2度目の来日を果たす。タイトルは蛾(が)などの昆虫による、光に対する反応を示唆する言葉だ。光と影によって、舞台に雄牛のイメージが投影される。むきだしの人間の肉体と獣を対峙(…

この記事は有料記事です。残り1099文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント