(大志 藤井聡太のいる時代)躍動編:14 不敗の三冠誕生の夜、初めて語った言葉

有料記事

[PR]

 何も語らない。彼の表情の奥に変化を探しても、いつも通りの藤井聡太がいる。普通の人ならば、少しは焦りの色くらい浮かべるはずなのに。

 2021年9月13日、豊島将之に挑戦した叡王戦五番勝負第5局。2勝1敗で奪取に王手を掛けた前局に敗れ、5度目のタイトル戦で初めての最終局を迎えた19歳は、初のタイトル…

この記事は有料記事です。残り651文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント