軍事転用可能な技術、学術会議「区別は困難」 担当相に文書

有料会員記事

[PR]

 人工知能やロボットといった軍事転用可能なデュアルユース技術について、日本学術会議は「そうでないものとに単純に二分することはもはや困難」などとする文書をまとめ、小林鷹之・科学技術担当相に提出した。文書は25日付。小林氏は今月22日に梶田隆章会長と面談した際、デュアルユースを含む先端科学技術に学術界が…

この記事は有料会員記事です。残り286文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら