(多民社会)広く根おろす「技人国」 留学生から移行「親日の大卒人材」

有料会員記事

[PR]

 (1面から続く)

 首都圏に住む30代の中国人男性は、転職を重ね、今のIT企業で4社目だ。

 3社目のとき、「入社して数年勤めないと昇格できない」というルールがあるのを転職してから聞かされた。「そもそも中国企業に比べ日本は昇進も遅いし、給料も安い」。不満を抱き、今の会社に移った。

 2002年に…

この記事は有料会員記事です。残り2541文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    小熊英二
    (歴史社会学者)
    2022年8月4日13時22分 投稿
    【視点】

    移民たちが、日本の労働市場のあり方に合わせて、在留資格を得る時代に入っているという記事として読んだ。 「高度人材というより、日本を選んだ親日の大卒人材のための資格が技人国です」「アジア各国でもスーパーマンのような高度人材は日本を選ぶこ