最低賃金、31円引き上げ 過去最大 全国平均961円に

有料記事

[PR]

 厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は1日夜、最低賃金(時給)を全国加重平均で31円(3・3%)引き上げて961円とする目安をまとめた。物価高による家計の負担が増していることを重視して、過去最大の引き上げ額とした。▼3面=見えぬ底上げ

 小委員会は、労使の代表と公益委員(学識者)で構成する…

この記事は有料記事です。残り529文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント