(喪の旅)消えない悲しみと向き合いながら 悲嘆と死別の研究センター長・坂口幸弘さんに聞く

有料会員記事

[PR]

 大切な人との死別による悲しみにどう向き合うか。お便りを寄せて下さる皆さんを訪ね、昨年から「喪の旅」を続けています。今回は「増補版 悲嘆学入門」(昭和堂)を6月に出した関西学院大教授で「悲嘆と死別の研究センター」の坂口幸弘センター長(48)に、悲嘆との向き合い方について聞きました。

 ■つらい中に…

この記事は有料会員記事です。残り2094文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら