(評・舞台)「トランスヴァース・オリエンテーション」 シンプルで複雑、奇妙な連結

有料記事

[PR]

 基本的に、静止している彫刻という芸術は、物質性や重力などの条件に縛られている。ディミトリス・パパイオアヌーの「トランスヴァース・オリエンテーション」は、そうした条件を受け入れつつ、制約から脱出しようという意志を示す。地面と平行ではない不安定な場所でバランスを保ったり、不変ではなく、変化する物質を扱…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り585文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント