土砂と濁流、日常のむ 東北・北陸

有料記事

[PR]

 気象庁の予想をはるかに上回る記録的豪雨に東北・北陸地方が見舞われた。新潟県では土砂崩れや冠水が相次ぎ、山形県では1級河川・最上川が氾濫(はんらん)、福島県では鉄道の橋が崩れた。住民は経験のない大雨と濁流におびえながら夜を明かし、命からがら避難した。何が起きていたのか。▼1面参照

 ■「羽越水害」…

この記事は有料記事です。残り2968文字有料会員になると続きをお読みいただけます。