人権侵害の労働、調査指針案 経産省、問題改善を求める

有料記事

[PR]

 経済産業省は5日、企業活動が人権侵害につながっていないかを調べる「人権デューデリジェンス(DD)」の指針案を発表した。全ての国内企業に対し、海外にある取引先の工場を含め、人権侵害にあたる労働や契約内容になっていないか定期的に点検し改善するよう求める。世界的に人権問題への意識が高まるなか、日本企業が…

この記事は有料記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント