(憲法季評)「官邸のせい」言説はなぜ 権力構造の「健診」が必要 松尾陽

有料記事

[PR]

 安倍晋三元首相が撃たれたその日、東京でウズベキスタン憲法改正案をめぐる国際シンポジウムに出席していた。私は、長期的で安定的な構造を提供する憲法の役割を強調する報告をした。

 その報告の直前に安倍元首相が撃たれたと、妻からのメッセージが携帯電話に届き、「日本じゃないみたいだ」という感想が思わずこぼ…

この記事は有料記事です。残り1989文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。