(中条省平のマンガ時評)感情と人間性の回復、陰翳豊かに視覚化

有料記事

[PR]

 今回ご紹介するのは、小日向まるこの『あかり』。驚くべき秀作です。

 小日向まるこは、昨年の文化庁メディア芸術祭で『塀の中の美容室』が優秀賞を受賞した20代のマンガ家です。

 しかし、今回の『あかり』では、もともと手の込んだタッチが、別人とも思えるような明暗と色彩感の表現を達成していて、ひと言、「化…

この記事は有料記事です。残り925文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載中条省平のマンガ時評

この連載の一覧を見る