(日曜に想う)スポーツと芸術、「答え」のない幸福 編集委員・吉田純子

有料記事

[PR]

 踊りの技術は、人間性と一緒に磨かれ続けることで、それ自体が類いまれな表現となりうる。今月、東京バレエ団の最高位プリンシパル上野水香さんの踊る「ボレロ」を見て、そう気付かされた。振り付けは巨匠モーリス・ベジャール。円卓の上にひとりで立ち、群舞を従え、時に扇動者のように、時にいけにえのように、命を燃…

この記事は有料記事です。残り1532文字有料会員になると続きをお読みいただけます。