組事務所相続、骨肉の争い 親分VS.子分、2代目VS.姐さん 訴訟も

有料記事

[PR]

 暴力団事務所の相続を巡るトラブルが近年、各地で目立ってきた。後を継いだ組長が先代側を裁判に訴えたり、死亡した初代組長の妻と2代目組長が争ったり。捜査関係者は「取り締まり強化に伴う資金難で、身内だった者同士が骨肉の争いをしている」と指摘する。

 「組事務所に使われている不動産は、当時の構成員らが財…

この記事は有料記事です。残り1548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。