コロナで「急性脳症」、どんな症状? 子ども急変、免疫が過剰反応

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルスオミクロン株の流行に伴って、18歳以下の子どもたちの感染が増えている。コロナ感染が原因で「急性脳症」を発症するケースも報告され、栃木県では基礎疾患のない子どもが死亡した。どんな症状が出るのか。どれだけ広がっているのか。医療関係者や現場を取材した。(米田悠一郎)

 4月下旬、栃…

この記事は有料記事です。残り1346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。