(ひもとく)戦争と平和:4 人々の息遣いを知り地政学へ 篠田英朗

有料記事

[PR]

 ロシアのウクライナ侵略は、日本国内でも大きな注目を集め、議論を喚起した。自分自身の政治信条に根差した見解を主張する前に、まずは困難な境遇にあるウクライナの人々のことを理解したい。岡部芳彦『本当のウクライナ』は、研究者である著者と、様々なウクライナの人々との出会いが、具体的に描写されていて、ウクライ…

この記事は有料記事です。残り1432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。