医療保険、コロナ対象縮小 「みなし入院」扱い見直し 支払い7割減 生保協会方針

有料記事

[PR]

 生命保険業界が、新型コロナウイルスに感染した際に支払っている医療保険の入院給付金の対象者を大幅に絞る方針であることがわかった。厚生労働省が、感染者数を追う「全数把握」を見直すタイミングにあわせ、9月下旬にも実施される見通しだ。生保各社のコロナ関連の入院給付金の支払額は6月までの累計で約2900億円…

この記事は有料記事です。残り651文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。