(大志 藤井聡太のいる時代)蒼天編:1 「一気の六冠」立ちはだかった斎藤八段

有料記事

[PR]

 強いから勝ち、勝つから次の対局が発生する――。対局に追われる過密スケジュールは、将棋界では強者の証しだ。

 棋聖・王位を防衛した後、叡王を加え、史上最年少三冠に輝いた藤井聡太(20)は、わずか4日後の2021年9月17日、大阪市福島区関西将棋会館で八段の斎藤慎太郎(29)との対局に臨んだ。「西の…

この記事は有料記事です。残り596文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント