(耕論)「生きづらさ」言葉の功罪 光武克さん、桜井智恵子さん、貴戸理恵さん

有料記事

[PR]

 さまざまな困難や苦しみが「生きづらさ」という言葉で語られるようになった。それぞれ異なるはずのしんどさが、同じ言葉で表されることの背景にあるものは何か。その功罪とは。

 ■突き詰めた、周りとのズレ 光武克さん(「発達障害バー」のオーナー)

 コロナ禍の影響でいまは休業中ですが、2018年に発達障害

この記事は有料記事です。残り3449文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!