(三谷幸喜のありふれた生活:1101)「鎌倉」へ、長い旅でした

有料記事

[PR]

 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」最終回。無事に脱稿しました。

 これを読んでいる人の中に、将来大河ドラマを書く人がいらっしゃるかもしれないので、参考のために具体的な日付を記しておく。

     *

 決定稿の最終的な直しを清水拓哉プロデューサーに送ったのが二〇二二年の八月三十一日。第一回の第一稿を同じ…

この記事は有料記事です。残り1143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載三谷幸喜のありふれた生活

この連載の一覧を見る