旧統一教会「解散命令対象に当たらない」 文化庁が見解

有料記事

[PR]

 「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」に関する野党のヒアリングが12日に開かれ、宗教法人を所管する文化庁は、教団は現時点で解散命令を請求する対象に当たらないとの見解を示した。野党議員の質問に答えた。

 宗教法人法では、宗教法人が「法令に違反し、著しく公共の福祉を害する行為」などをした場合、文部科学…

この記事は有料記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。