パキスタン「国の3分の1冠水」 泥の家、目の前で崩れた

有料記事

[PR]

 南アジアのパキスタンはこの夏、記録的な大雨で国土の約3分の1が冠水したとされる。国連などによると、雨期が始まった6月中旬からの降雨量は、南部シンド州や南西部バルチスタン州で過去30年の平均の5・5倍を超えた。国内各地で洪水や土砂崩れなども相次ぎ、今月12日時点で子ども約500人を含む約1400人が…

この記事は有料記事です。残り1039文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    福田充
    (日本大学危機管理学部教授)
    2022年9月14日13時45分 投稿
    【提案】

    パキスタンでの大雨洪水による浸水被害、国土の三分の一が冠水している状況。避難所は住む場所を奪われた難民キャンプのような状況で、大量の被災者が不衛生なテント生活、または野宿生活を強いられています。すでに感染症などの病気が蔓延しはじめ、子供を含