絶望の淵、「ねえさん」に救われた 避難中に砲撃で5歳長女失い、家族は全員重傷

有料記事

[PR]

 製鉄所の地下に300人超の市民が約2カ月避難したウクライナ南東部マリウポリ。シェルターでリーダー的な役割を果たし、「スープねえさん」と慕われた女性がいる。製鉄所から退避した直後の5月に取材して以来、3カ月ぶりに訪ねた彼女の姿は、病院にあった。

 ウクライナでは比較的安全とされる西部リビウの病院の…

この記事は有料記事です。残り1568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!