(大志 藤井聡太のいる時代)蒼天編:3 対局ラッシュでも、順位戦を1敗で折り返し

有料記事

[PR]

 持ち時間が6時間と、1日制で最も長い順位戦。中でも、上から二つ目のクラスのB級1組は年間の対局数が12局と他のクラスより多く、月に2局戦うことがあるという点でも過酷だ。

 2021年9月30日。藤井聡太は第80期B級1組6回戦で、関東の実力者横山泰明(ひろあき)と対戦した。B級1組は共に初参加で…

この記事は有料記事です。残り605文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント