子どもの置き去り、各国で対策 アラーム装着義務化/ガラス透明度に基準

有料記事

[PR]

 静岡県牧之原市認定こども園「川崎幼稚園」の通園バスに女児が取り残されて亡くなった事件。バスに子どもを置き去りにしたケースは米国、ドイツ、韓国でも起きている。再発を防ぐためどんな対策を取っているのだろうか。

 米国でも対策の必要性が指摘されている。その一つは、バス内の後部にアラームを装着する方法だ…

この記事は有料記事です。残り720文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント