ビキニ被曝訴訟、苦しい費用 審理が高知から東京へ「支援お願い」

有料記事

[PR]

 米国が1954年に太平洋のビキニ環礁付近で行った水爆実験で被曝(ひばく)した元漁船員ら19人が提起した裁判で、裁判費用を捻出するために支援者がクラウドファンディング(CF)を始めた。審理の一部が東京地裁に移り、原告側の費用が膨らんでいるためだ。被曝者の実情を広く知ってもらう契機にしたいという。

 …

この記事は有料記事です。残り612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません