(語る 人生の贈りもの)栗原はるみ:12 ひとりご飯、自分の元気のために

有料記事

[PR]

 ■料理家栗原はるみ

 《元気になるために、「ひとりご飯」の本をつくろうと決めた》

 ずっと家族のために料理を作ってきたからか、ひとり暮らしになり、自分のために料理することがおっくうだと感じてしまいます。

 これじゃいけない。自分の「おいしい」のために、ちゃんと作って食べたい、と強く思うようにな…

この記事は有料記事です。残り641文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!