文化庁メディア芸術祭、時代映したが 「多様な分野、評価の場」25回で唐突な終了

有料記事

[PR]

 アニメやマンガ、デジタルアートなどを国内外から公募し、顕彰してきた文化庁メディア芸術祭が、26日まで受賞作品展を開催中の第25回で終了する。1997年度に始まり、技術革新の進む時代を映してきた。文化庁は新たな祭典を検討するとしているが、多様なジャンルから新しい才能を発掘してきた芸術祭の唐突な終了に…

この記事は有料記事です。残り1531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント