(歴史のダイヤグラム)亡き父と乗った下河原線 原武史

有料記事

[PR]

 東京都府中市にある東京競馬場の最寄り駅として、JRの府中本町駅と京王の府中競馬正門前駅がある。しかし国鉄時代には、もうひとつ駅があった。その名も東京競馬場前駅。中央線の国分寺から分岐する中央線支線、通称下河原線の終着駅だった。

 平仮名にすると「とうきょうけいばじょうまえ」と13字になる。上越線の…

この記事は有料記事です。残り935文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載歴史のダイヤグラム

この連載の一覧を見る