(天声人語)銘酒ふたたび

有料記事

[PR]

 不思議な名前のお酒を見つけた。「緒方洪庵」。ラベルには歴史の教科書で見たような肖像画も。福沢諭吉らを育てた幕末の蘭学者がなぜ? 由来を知ろうと愛媛県西予市へ飛んだ▼聞けば、4年前の西日本豪雨で一度は途絶えた銘柄だという。洪庵ゆかりと伝わる「緒方酒造」が、商標を登録して30年ほど前から販売してきた…

この記事は有料記事です。残り472文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載天声人語

この連載の一覧を見る