(記者解説)北朝鮮核開発の20年 緩んだ包囲、日米韓の連携再強化を 編集委員・坂尻信義

有料記事

[PR]

 ・北朝鮮の高濃縮ウラン計画の表面化から20年。最大で核弾頭20個を保有との推計も

 ・核・ミサイル開発は野放し状態。中ロ両国は対北朝鮮制裁強化案に拒否権を行使した

 ・6者協議は分断された。核の脅威は膨らみ続ける。日米韓3カ国の連携強化が必要だ

     ◇

 北朝鮮が、核の先制攻撃も辞さない姿勢…

この記事は有料記事です。残り2272文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。