国葬後、献花どこへ 7月は「花供養」して肥料に 自民奈良県連

有料記事

[PR]

 安倍晋三元首相が亡くなった7月8日以降、関わりのある場所では多くの献花がされてきた。9月27日の国葬会場近くにも一般献花台が設けられ、多数の参列者が訪れると見込まれる。故人を悼み、手向けられる膨大な花々はどのように扱われるのだろう。

 7月18日、奈良市の古刹、西大寺。ヒマワリ、ユリ、菊などの色…

この記事は有料記事です。残り1770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。