(憲法を考える)安倍元首相の国葬と民主主義 法的根拠の必要性は、内心の自由は

有料記事

[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 安倍晋三元首相の国葬がきょう、実施される。法的根拠はあるのか、弔意の強制で思想・良心の自由は侵されないのか、安倍元首相を特別扱いする理由は何か……。国論を二分し、様々な論点が議論されてきたが、憲法というレンズを通して改めて問題を考えた。

 ■公的空間ゆがめ…

この記事は有料記事です。残り3344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント