(論壇時評)進まぬ性教育 知識こそ性加害減らす手段 東京大学大学院教授・林香里

有料記事

[PR]

 ここ1カ月ほど、性加害を告発するニュースがメディアをにぎわしている。子どもたちが憧れる野球選手、大人気の俳優、一流企業の会長――3ケースは個別に論じるべきところもあるが、報道によれば一連の「事件」は、男性側が女性を自分の支配欲と性欲を満たす対象としてしか見ていなかったという点で共通する。こうした事…

この記事は有料記事です。残り2593文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。