(語る 人生の贈りもの)楳図かずお:4 脱・手塚かぶれ、自分の絵柄完成

有料記事

[PR]

 ■漫画家・芸術家楳図かずお

 《小学4年生になると、地元の奈良県五條町(現五條市)の貸本屋を巡った》

 母親がたんすの引き出しの中にお金の入ったきんちゃくを入れていて、「好きに使っていいよ」と言われていました。使い道は漫画ばっかりでした。当時五條には貸本屋が3軒もあって、読みまくりました。

 …

この記事は有料記事です。残り650文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る