(明日へのLesson)特別編:著者がとく 村上靖彦さん 「交わらないリズム」×名古屋大学入試

有料記事

[PR]

 今年度の名古屋大学国語入試問題は、哲学者の村上靖彦さんの著書から出題された。村上さんは哲学のなかでも現象学が専門。「ある出来事を、その人がどういった意味合いで経験しているか」に着目して、看護や福祉など、ケアの現場の当事者への聞き取り調査を続けてきた。そうした経験から考えた「居場所」の大切さについて…

この記事は有料記事です。残り2670文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。