(取材考記)政府公開の得票データ 形式バラバラ、分析阻む 小宮山亮磨

有料記事

[PR]

 民主主義社会の根幹であるはずの選挙のデータが、実は非常に「扱いづらい」状態に置かれている。そう聞いたら、驚く人も多いのではないか。

 誰がどこでどれだけの票を得たのか。総務省はデータをネットに公開しているが、都道府県ごとや年ごとに別ファイルに分けられていて、極めて集計しづらいのだ。エクセルならまだ…

この記事は有料記事です。残り963文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。