(患者を生きる:4401)優羽さんの肝臓:6 情報編 沈黙の臓器、小児も発症

有料記事

[PR]

 肝炎は、何らかの原因により肝臓に炎症が起き、肝臓の細胞が破壊されている状態だ。

 茨城県立こども病院の須磨崎亮(すまざきりょう)名誉院長によると、肝炎で代表的なのはA~E型の五つあるウイルス性肝炎だ。中でもB型肝炎C型肝炎の患者は国内に約49万人と推計されており、ウイルスに感染しているのに気づか…

この記事は有料記事です。残り853文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。