アマゾンの下請け、他人ID使用指示 労働時間上限超えの配達員に

有料記事

[PR]

 ネット通販大手「アマゾン」の配送を担う神奈川県内の運送会社3社で、個人事業主として契約を結ぶ配達員の労働時間を実際より短く見せかけるため、他人のIDを使って働かせていたことがわかった。配達員らでつくる労働組合が改善を求め、運送会社側が認めたという。組合によると、同様の相談が、複数の運送会社の配達員…

この記事は有料記事です。残り534文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。