ワクチン「9価」、定期接種へ HPV感染予防 厚労省専門家部会方針

有料記事

[PR]

 子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンについて、厚生労働省の専門家による部会は4日、現在は自費接種の「9価ワクチン」を、公費での定期接種の対象とする方針を決めた。2023年度の早期から対象に加える。

 日本で承認されているHPVワクチンは、何種類のHPV…

この記事は有料記事です。残り309文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント