保険証廃止、24年秋にも 厚労省調整、マイナカード一本化 交付率5割届かず、対応課題

有料記事

[PR]

 厚生労働省は、健康保険証を2024年秋にも原則廃止する方向で調整に入った。保険証を廃止した後の事務対応はマイナンバーカードを基本とする。ただマイナカードの交付率は9月末時点でも人口の5割に届いておらず、カードを持たない人への対応が課題となりそうだ。

 政府は今年6月にまとめた「経済財政運営と改革…

この記事は有料記事です。残り416文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント