(著者に会いたい)『小さきものの近代 1』 渡辺京二さん

有料記事

[PR]

 ■名もなき人びとの視点で 思想史家・渡辺京二さん(92)

 92歳になったいまも、幕末明治にまつわる文献の山と格闘しながら、週に原稿用紙6枚のペースで執筆を続ける。「読めば読むほど、読むべき資料が増えていく。楽しい晩年のはずが、なぜこんなにしんどいことを続けているのでしょうね」

 明治国家をつくっ…

この記事は有料記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(春トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料